2005年05月27日

価格.com閉鎖の原因と対策は非公開

 不正アクセスにより一時閉鎖されていたカカクコムの運営する「価格.com」が、5月24日に一部再開しましたが、25日、これまでの経緯と現状を説明すべく記者会見を開催しました。

 しかし「具体的かつ詳細な原因等については、ほかのサイトへの攻撃の原因を作り出すことにもなりかねない。また、捜査にも支障をきたす恐れがあるため、公表は差し控えたい」(代表取締役社長の穐田誉輝氏)とのことです。

 確かに原因や対策を公表した場合、それを見た攻撃者が別の手段で対策を無効にするような攻撃をしかけてくる可能性もあり、難しい面があるとは思います。

 しかし、少なくとも攻撃者は、今回の手段が有効であることを確認してしまったのですから、この手段を他のサイトに用いようとするのは明らかでしょう。

 その時に他のサイトが今回の原因を知っていれば、その攻撃を未然に防ぐことができるが、知らないでいると、同じ被害に会うということです。

 「自社のシステムに不安がある場合、機密保持契約を結んだ上で再犯防止に協力することは可能だ」(穐田氏)とのことですので、心配なら個別に相談に来てくれということでしょうが、そうこうしているうちに攻撃されてしまっては、間に合わない恐れもあります。

 サイト攻撃は、可能性としては他人事とは言えませんので、自衛するしかないということですね。

CNET Japan


posted by  ネットプレナーmasa at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2005年05月26日

「インターネットの夜明け」無料配信中

 4/8の記事で紹介しました日本のインターネットの歴史に関するドキュメンタリームービー「インターネットの夜明け」が5/23から配信開始になりました。

 今回はその前編にあたり、第1回から第12回までに分かれており、それぞれが約10分ずつ計約120分の長さです。54K,300K,1Mの3種類の速度でストリーミング配信されます。

 第1印象は、なかなかしっかりしているなということです。それもそのはずNHKエンタープライズが製作しており、ちゃんとしたテレビのドキュメンタリーと同じレベルの内容になっています。

 掲載期間は6/30までで、後編は7/1から配信予定になります。

 国内でどのようにインターネットが始まって来たかが良く分かりますので、ネットビジネスに関わっている人、ネットビジネス関心のある人はぜひ一度見てみるべきでしょう。

インターネットの夜明け


posted by  ネットプレナーmasa at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2005年05月25日

競合他社サイトの比較調査サービス

 デジパ株式会社が、競合他社のサイトの分析や自社サイトの現状分析が行える「競合調査サービス」を開始しました。

 このサービスでは競合サイトのコンテンツ調査やユーザビリティ検証、SEOに関する調査レポートを提供してもらえます。

 競合他社の動向が把握でき、インターネット戦略やサイト構築の立案に活用できます。

 競合の分析はどんなビジネスにとっても必須のものですが、手間と時間がかかります。

 ネットビジネスの経験が長い人は自分で分析することもできるでしょうが、そうでもない場合、プロの目から見た調査を利用するのもひとつの手でしょう。

 但し、結果を自分なりに分析して、きっちり自分のサイトに反映する必要があります。

 本来は調査内容をこちらから指定できると良いでしょうが、料金との兼ね合いになるかと思います。

 3社までの調査で料金は総額\84000とのことです。

Japan.internet.com

デジパ競合調査サービス


posted by  ネットプレナーmasa at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2005年05月24日

パソコンで香りを配信

 ちょっとめずらしいビジネスです。こんなネットビジネスもあるんですね。

 NTTコミュニケーションズが、インターネットを利用して離れた場所に香りを伝えられる「香り配信」サービスを実用化したと発表しました。

 6種類の精油を入れた球体の香り発生装置をパソコンに接続。ネットから香りのレシピをダウンロードすると、香り発生装置でブレンドされ、実際に香りをかぐことができる仕組み。

 つまりパソコンそのものから香りが出るのではなく、別に発生装置を予めパソコンに接続しておいて、それに調合のためのレシピをネットからダウンロードするというものです。

 まずは一般向けではなく、花などから抽出した精油を調合し、その香りで心身を治療する「アロマセラピー」の講座を始め、その受講生向けに専用のサイトを設けています。

 同社は昨年12月から「香り配信」の公開実験を開始。これまでに、テレビの料理番組との連動や、家電への組み込みなど、約50社から協業でのサービスの引き合いがあったということです。今後は一般消費者向けのサービスも展開する予定だそうです。

 確かにこれはPC向けというよりはテレビや家電のネット化に向いているかもしれません。

 ただ、こういうビジネスがパソコンでできるということは、こういう付加的な装置さえ普及すれば、どんどん色んな形のビジネスが考えられるという気がします。何か考えてみませんか?


CNET Japan



posted by  ネットプレナーmasa at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(3) | ニュース

2005年05月23日

カカクコムのサイト明日再開

 カカクコムは、不正アクセスが原因で一時閉鎖していた「価格.com」を5月24日午後に再開すると発表しました。

 価格.comのサービスの中で「PC関連」「家電」などトラフィックの約8割を占めるサービスが再開されます。なお、くちコミ掲示板については閲覧のみの再開です。

 10日間に渡るサイトの閉鎖で、オンラインショップ「ECカレント」では売上が約30%減少したそうです。

 また、外部セキュリティ会社の追跡調査により、詐取されたメールアドレスは2万2511件にのぼることがわかりました。

 取り敢えず再開されるのは良かったですが、なぜ不正アクセスが防げなかったのか、今後の対策はどうするのかをはっきりさせて、2度とこういうことが起きないようにしないと、利用者が減っていってしまうことになるでしょう。


CNET Japan




posted by  ネットプレナーmasa at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(3) | ニュース

2005年05月22日

グーグル、パーソナライズ可能な新ホームページを公開

 米Googleは、ユーザーがGoogleのホームページをカスタマイズできるようにする新しい機能を公開しました。

 まだ正式な名称のないこの機能は、Gmailや他のGoogleアカウントを持つユーザーが、さまざまなモジュールを組み合わせて、自分専用のホームページをつくれるようにするものです。

 これらのモジュールは、電子メール、ニュースのヘッドライン、天気予報、地図、映画の上映時間、ウェブ検索などの各機能を、好みの位置に配置できます。

 グーグルはMyYahooへの対抗ではないと言っていますが、実質的にはYahooやMSNと競合するサービスになりそうです。検索エンジンのユーザー囲い込み競争がますます激しくなってきました。

CNET Japan



posted by  ネットプレナーmasa at 18:58 | Comment(1) | TrackBack(2) | ニュース

2005年05月21日

おサイフケータイ利用動向

 NTTドコモが、おサイフケータイの利用動向についての調査結果を発表しました。
 調査期間は4月28日から5月2日で、有効回答数は計1605名。

 ユーザーのうち、おサイフケータイの利用回数が「週1回以上」という回答が全体の58%あり、「週5回以上」というヘビーユーザーも18%にありました。

 使用前に35%のユーザーが「便利そうだ」と感じていましたが、実際に使ってみて「便利だ」という回答が49%と半数に上り、より便利だと感じたユーザーが多かったということです。

 安全性についても、事前に「紛失時などに悪用される」という不安を持つ回答が22%だったのに対し、利用後には17%に減少するなど、不安感は後退しているようです。

 5/17の記事で紛失時が心配と書きましたが、実際に使用した人によるとそれほどでもないようです。

 実際に電子マネーサービスを利用した場所としては「コンビニエンスストア」が77%と圧倒的な比率を占めています。

 この調子で行くと電子マネーサービスは携帯という絶好のプラットフォームを得て、日本社会に確実に浸透していきそうです。

CNET Japan

 


posted by  ネットプレナーmasa at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話

2005年05月20日

無料でビデオブログ配信

 4/5の記事でグーグルがビデオブログの配信実験をすることをお伝えしましたが、日本でもライブログさんのサイトから申し込めば無料でビデオブログの配信ができます。

 ライブログさんからこの記事に対してコメントを頂き、無料配信をされていることを知りました。
 50MBまでのファイルであれば容量に応じて1週間から1年間保存して頂けるとのことです。

 4/30の記事でお伝えしましたようにブロードバンドユーザが93%にも達していますので、先端的なブログの実験として一度試してみてはいかがでしょうか?

ライブログ


posted by  ネットプレナーmasa at 19:54 | Comment(1) | TrackBack(2) | ブログ

2005年05月19日

あなたのネットビジネスに3000万差し上げます!

 3000万あれば、結構本格的なビジネスができますね。

 あなたのビジネスプランをコンテストに出しましょう。

 優秀者には創業資金として最大3000万出資してもらえます。すでに会社を設立している人には最大5000万の増資を引き受けてもらえます。

 「第1回インターネットビジネスプランコンテスト」というもので、モバイルコンテンツ事業を行うアエリアとベンチャー企業のインキュベーションを行うネットエイジグループが共同で実施します。

 今年中に創業する意思のある人と、既に事業を始めて更なる成長資金を求めている人を対象にしています。

 開業資金が無くて悩んでいる人は、こういう手段もあるということを考えておきましょう。


CNET Japan


posted by  ネットプレナーmasa at 18:47 | Comment(2) | TrackBack(1) | ニュース

2005年05月18日

不正アクセスによる閉鎖の影響

 5/16の記事で、価格コムが不正アクセスにより一時的に閉鎖に追い込まれていることをご報告しましたが、トップ3の登録店舗ではここ数日で売上が20%強の減少を強いられたとのことです。

 このような価格比較サイトや大手のショッピングモールなどに出展している場合は、今回のような不正アクセスによるシャットダウンで売上が大きくダウンする恐れがあるということです。

 たとえバックアップのサイトやモールを用意したとしても影響は避けられないことになりますので、これらのサイトやモールの不正アクセス対策をかなり強力に進めてもらわないとネットビジネスのアキレス腱になってしまうでしょう。

CNET Japan



posted by  ネットプレナーmasa at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース

2005年05月17日

電子マネーの累計発行枚数が1,000万枚を突破

 ビットワレットが、プリペイド型電子マネー「Edy」機能を搭載したカードや携帯電話などの累計発行枚数が、1,000万枚を突破したことを発表しました。加盟店数は4月末時点で約2万店となっています。

 Edy は、社員証やポイントカード、クレジットやキャシュカードのほか、2004年7月より提供が始まった NTT ドコモのおサイフケータイ以降、Edy 搭載携帯電話が増加しており、2005年秋以降には au やボーダフォンの携帯電話にも Edy が搭載されることが決まっています。

 携帯電話の機能がますます増えて、これなしには暮らせなくなる人が増えてくるかもしれません。

 携帯電話をサイフがわりにするというのは便利だとは思いますが、その反面、落としたりした時は他人に使われないように十分気をつけないといけないでしょう。

Japan.internet.com


posted by  ネットプレナーmasa at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2005年05月16日

100ドルのノートPCが2006年に登場

 こちらはネット社会の明るい話題。100ドルのノートPCが、2006年にも登場することになりそうです。

 5月16日に東京都内で開催された、世界情報社会サミット(WSIS)のテーマ別会合である「東京ユビキタス会議」において、マサチューセッツ工科大学(MIT)教授でメディアラボ所長のニコラス・ネグロポンテ氏が100ドルPCへの取り組みについて紹介しました。

 100ドルという価格については、OSにLinuxを採用することで実現可能になるとみており、「現在販売されているノートPCの価格の半分は、広告やマーケティング費用によるものだ。残りの50%のうち、30%はディスプレイの費用だが、これは25〜30ドルで製造できるめどがついている。そして残りの15%は、OSのコストだ」(同氏) 2006年にはこのノートPCのプロトタイプをリリースする予定で、中国、ブラジル、米国など5〜6カ国で展開する考えです。

 このノートPCは、発展途上国の教育機関向けに開発されているとのことですが、こういう取り組みが普及すると、日本などでも当然このようなPCを入手することができるようになり、まさにPCが「ユビキタス」(どこにでもある)ようになります。

 総務大臣の麻生太郎氏がこの会議で言われたように、「近年の情報通信技術の革命は、19世紀に起きた産業革命に匹敵するもの」 であり、今我々はその新たな革命の只中にあるということです。

 この変革の時代に、ネットビジネスの覇者になれるか、激流に流されてしまうかは、ひとえに我々自身の考えと行動に依存しているということです。

CNET Japan


posted by  ネットプレナーmasa at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース

不正アクセスによりサイトを閉鎖

 カカクコムは、価格比較サイト「価格.com」に対する不正アクセスでプログラムが改ざんされたと発表しました。同社ではセキュリティ対策を施すため、5月14日よりサイトを一時閉鎖しています。復旧時期は1週間後をめどにしています。

 現在カカクコムのサイト上では、「この改ざんにより、何者かが同社サイトを媒介としてウィルスソフトを無差別に送りつけ、同サイトを閲覧したユーザーがウイルスファイルを取り込んでしまった可能性がある」と警告しています。判明しているウィルスは「trojandownloader.small.AAO」「PSW.Delf.FZ」の2種類で、アンチウィルスソフト「NOD32」で対処可能。同社では、ほかのセキュリティソフト各社にも対応を確認中だということです。

 価格.comはネットショッピングの際に価格を調べるのに頻繁に使っていますが、たまたま暫くアクセスしていませんでしたので被害に会わずに済みました。しかし多数の人が被害を受けた可能性があります。例えばもしこの手の不正アクセスが大手の検索エンジンであるヤフーやグーグルに対して行われたら、その被害は想像を超えたものになる恐れがあります。ネット社会の暗部です。

 これらの大手のサイトだけに限らず、例えば小規模のネットショップなどに対しても、何らかの敵意を持つものが不正アクセスをして、サイトを使用不能にしたり、たまたまアクセスした顧客にウイルスを送りつけたりしたとしたら、そのビジネスはかなり深刻な被害を受けることになります。

 ユーザーとしてのセキュリティソフトの常備と、ネットビジネスオーナーとしてのサイトの不正アクセス対策は、今後ネット社会で暮らす限りは、必須のものと言えます。

CNET Japan



posted by  ネットプレナーmasa at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(3) | ニュース

2005年05月13日

迷惑メールに懲役

 今日午前の参院本会議で改正特定電子メール法が可決、成立しました。今秋にも施行される見通しです。

 これでパソコンや携帯電話に「迷惑メール」を送りつける業者は、警察が直接捜査できるようになり、懲役1年以下または罰金100万円以下の刑事罰を科すことができるようになります。

 個人に送る場合はメールに「未承諾広告※」と記すことや送信者の氏名やアドレスなどの情報表示を義務付けた「特定電子メール」に限って送信を認めています。今後は企業に送る場合にも、同様な規制が付けられます。

 受信者側としては良いことですが、送信者になる場合には気をつけないと、間違って「懲役」なんてことになる恐れもあるということです。メッセージの中に、承諾を得て送信している旨を記載し、登録の覚えがない場合はその旨連絡してもらうように注意書きを入れておくべきでしょう。

 
NIKKEI NET


posted by  ネットプレナーmasa at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース

2005年05月12日

世界一の情報通信インフラ

 総務省の発表によると、日本の情報通信技術(ICT)インフラは世界の23の国・地域のなかで総合第1位となったそうです。

 評価はICTインフラの利用料金、質、モバイル度、普及度、社会基盤性の5つの分野について行い、具体的には、(1)市内電話料金、(2)ブロードバンド料金、(3)ブロードバンド速度、(4)安全なサーバ数、(5)第3世代携帯電話(3G)比率、(6)携帯電話普及率、(7)インターネット普及率、(8)ブロードバンド普及率、(9)インターネットホスト数、(10)ICT投資割合の10項目について、データを偏差値化して比較。

 総合評価では日本の偏差値平均が59.8とトップになり、次いで韓国の57.8、米国の55.7、シンガポールの55.5となりました。

 個別には(2)、(3)が1位になったものの、(4)、(10)は14位、(9)が10位と安全面に課題があるようです。

 また我々が関心のある(7)のインターネット普及率は11位といまひとつになっています。なお、1位は韓国です。

 総務省としては、「2005年までに世界最先端のIT国家に」というe-Japan戦略の目標が達成されつつあることがアピールできたということでしょう。

 日本自体の調査結果ですので、必ずしも公平といえるかどうかはわかりませんが、それなりにインフラは整備されつつあるということです。

CNET Japan
 
総務省報告



posted by  ネットプレナーmasa at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース

2005年05月11日

スタートを確実に

 昨日もご報告しましたが、オークションがかなり一般的なビジネスの1つとなってきています。
オークションの魅力はその即金性です。商品を出品して落札されればすぐに現金収入になる点です。

 しかし昨今のオークション市場の成熟化に伴い、以前のように出品すればすぐ簡単に落札されるということはなくなってきました。

 即金性が魅力のオークションで全然落札されないまま辞めていく人が増えてきています。

 一方、ベテランの人は新IDでもどんどん売れています。

 ノウハウを知っている人と知らない人の違いです。

 オークションを始めた人がいきなりパワーセラーになることは難しいでしょう。

 しかし、まずスタートを確実にして、少しの金額を確実に得る、それから順次ステップアップしていく。こういう方法が良いのではないでしょうか?

 確実にスタートする方法はこちら



posted by  ネットプレナーmasa at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | マニュアル

2005年05月10日

携帯でオークション

 インフォプラントが「インターネットオークション」に関する調査結果を発表しました。

 調査対象は全国のiモードユーザーで有効回答数8383名。

 インターネットオークション利用経験者層の利用内容は、「PC で閲覧」が67.1%で最も多く、以下「iモードで閲覧」(46.6%)、「PC で入札」(42.6%)、「iモードで入札」(24.1%)、「PC で出品」(18.4%)、「iモードで出品」(8.5%)でした。

 つまり利用者の半数がiモードを使っているということです。対象がiモードユーザーであることを考慮しても、携帯ユーザにとってオークションの利用が一般的なものになっているということの現われでしょう。

 更に、調査結果では、オークションの利用ジャンルも掲載しており、それによると、

インターネットオークションで利用することが多いジャンルは、男性は「ホビー、カルチャー」が30.3%で最も多く、以下「家電、AV 機器、カメラ」(28.2%)、「アクセサリー、時計」(26.1%)、「自動車、カー用品」(25.4%)、「ファッション関連」(24.7%)。

一方、女性では「ファッション関連」が59.7%で突出しており、以下「アクセサリー、時計」(36.6%)、「チケット、金券」(26.3%)、「化粧品、美容、健康」(22.8%)、「ホビー、カルチャー」(17.7%)となっていたそうです。

 これらの情報は携帯関連のビジネスの良いヒントになると思います。

 またオークションを使ったビジネスでは、携帯ユーザを考慮した出品が重要になってくるということでしょう。

Japan.internet.com


posted by  ネットプレナーmasa at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2005年05月09日

検索サイトでの検索ページ数

 インターネットコムとインフォプラントがインターネット検索に関する定期調査を行った結果を発表しています。

 調査対象は、全国の10代〜50代のインターネットユーザー300人。

 これによると使い分ける検索ポータルサイトの数は「2個」が最多で50%だったそうです。
 これはヤフーとグーグルではないかと思います。

 興味深いのは、検索結果として表示された内容を、平均何ページまで見ていくか質問したところ、最多だったのは「3ページ以内」で33.3%(100人)。その他「5ページ以上」(33.0%、99人)、「2ページ以内」(24.3%、73人)で、「1ページ以内」はわずかに3.0%(9人)だったとのこと。

 意外にも結構多くのユーザーが3ページから5ページ以上も見ているということです。1ページ目に表示されなければダメといわけでもなさそうなのは良いことだと思います。

 しかしそれらの多くのサイトの中で自サイトを選んでもらうためには、当然インパクトのあるタイトルと説明が必要でしょう。



Japan.internet.com



posted by  ネットプレナーmasa at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2005年05月08日

メルマガ紹介「平成・進化論。」

 今日はネットビジネスに限らずビジネス全般に関して非常に役立つメルマガの紹介です。
「平成・進化論。」〜勝ち組志向のあなただけに〜

 これは鮒谷 周史さんが発行されているメルマガで、なんと1年365日毎日配信されています。
 鮒谷さんは、勤めておられた外資系企業が倒産して失業されましたが、このメルマガの発行を通してたった2年で2社を経営、売上4億・利益1億超を稼ぎ出されるまでになられました。配信部数は現在では73000部に達しています。

 失業中に非常にたくさんの本を読まれ、それを元にメルマガを使って情報発信を始められたのがきっかけです。私も1年以上購読していますが、筆者が「渾身の力を込めて書いている」というとおり、毎回心打たれたり、感心したり、励まされたりと、本当にためになる内容です。

 下記のサイトに概要があり、またバックナンバーも全て公開されていますので一度チェックしてみられてはいかがでしょうか?

鮒谷さんのサイト

メルマガ登録ページ



posted by  ネットプレナーmasa at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ

2005年05月06日

ビデオ検索本格化

 米ヤフーがビデオ検索エンジンの正式版をリリースしました。また、CBS News、MTV、Reutersをはじめとするメディアとの提携を発表し、これらの企業のビデオクリップが検索データベースに含まれるようになりました。

 グーグルもDiscovery ChannelやCNNなどのテレビ局と提携したことを明らかにしています。こちらの場合はまだ番組の静止画像しか検索できませんが、ビデオ検索分野での競争が本格化してきます。

 日本版ではまだ少し先になるかもしれませんが、もしライブドアがフジやTBSと提携してこのような検索サービスを先行して実施できるなら、大きくブレークできるでしょう。


CNET Japan

Yahoo Search Video


posted by  ネットプレナーmasa at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。