2005年06月24日

オンライン株取引の初心者が増加

 インターネットコムとインフォプラントが行ったオンライントレードに関する調査によると、利用歴1年未満のユーザーは6割を超えていることがわかりました。

 調査対象は、 20代〜50代のオンライントレードを利用しているインターネットユーザー300人。

 現在オンライントレードを利用している300人に、利用歴を尋ねたところ、6か月未満がトップで46.0%、6か月以上1年未満が16.0%でした。(1年以上2年未満は7.7%、2年以上は30.3%)

 オンライントレード利用以前のトレード経験については、「(経験が)ない」ユーザー(65.7%)が「ある」ユーザー(34.3)を上回っています。これから株取引を始める人はオンラインが主流となるようです。

 手軽に始められるので、株取引が手軽になったかのように錯覚してしまいますが、投資はもっとも高度なスキルを要するものなので、経験を積まないと中々勝ち続けることは難しいと思います。
 小額の取引を繰り返して経験を積むようにすれば、将来的には大きなリターンを得ることができるでしょう。

Japan.internet.com
posted by  ネットプレナーmasa at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4595569
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。